まちあるき日記 ー【ほんまに三原はええとこじゃ♪ウォーキングマップ】でお散歩編ー

Vol.04 まりもちゃん編

 

密を避けながらできるまちあるきって? メンバーと意見を出し合う中でたどりついたのが、気持ちと体をほぐすウォーキングをしながら一人ずつまちあるきを行い、リレー形式でバトンをつなぐ新しいスタイル。『ほんまに三原はええことじゃ♪ウォーキングマップ(※)第2弾「城下町健康ウォーキングコース」』を基に、1人だけどまちの魅力をしっかりつなぎます♡

いつもはわいわい自由に話しをしながらの、はっちはっちのまちあるき。さてさて、そんなおばちゃんたちが1人で歩くとどうなるのか!? 『お手製やっさだるマンバトン』を無事つなげるのか!? ここからは、いよいよ折り返しのまちあるき第4弾の始まりです。

 

 ウォーキングマップの⑧番から⑩番を担当します、まりもちゃんです。今回のまちあるきはいつものようにメンバーと一緒に歩くのではなく、私一人。あゆちゃんから受け取ったバトンを繋ぐべく、ウォーキングマップを頼りに自分を信じて進みます。

 

 ⑧番「妙正寺」からマップに従い、細い小道を進んでいくと大島神社の連立鳥居が見えました! ここは昨年202011月にできた新スポット。62基の連立鳥居が神社へと続く階段に誕生しました。鳥居がずらりと並ぶ光景はなんだか神秘的! 三原市の新しいフォトスポットとしても紹介されているそうです。

 連立鳥居の先にある階段では、毎年2月末に「おひなまつり」が開催されます。階段に毛氈(もうせん:羊毛などの獣毛を原料に織物風に仕上げた敷物)が敷かれ、三原市内に住む子どもたちが、石に絵付けをして作る「石雛」と呼ばれるお雛様がずらりと並びます。おひなまつりの期間は石雛の飾り付けにあわせて、ワークショップやイベントなども例年なら開催されます。しかし、残念ながら今年は開催されず、飾りつけだけ行われるそう。来年は開催されることを期待します。

 階段を進んでいると、下から賑やかな声が聞こえてきました。散歩中の園児たちが駆け上がってきて、みんな元気に挨拶をしてくれました。疲れた~という子にがんばれーっと声を掛け合ったり、街を見下ろし「ヤッホー」と叫んでいたりと、とても微笑ましかったです。たしかに大島神社は高台にあるため眺めも良いのでここはお散歩するにもいいコースかも。

 

 鳥居をくぐり、大島神社を参拝した後、次の⑨番「宗光寺の前」を目指します。大島神社と鳥居を後にし、民家と民家の間の小道を進みます。民家を過ぎると、宗光寺の山門へと繋がる道に出てきました。境内からの眺めは三原の街を見渡すことができ、すがすがしくて眺めていて気持ちがよかったです。

 作業をされていたお寺の方を見つけたので、御朱印をお願いしました。宗光寺では、イベントなどで坐禅体験なども行っています。予約をすれば実際に体験をさせてもらえるそう。今度はみんなで体験しに来たいです。

 

 御朱印をいただき、宗光寺を出発。山門を出たら今回の担当地点は終了です。普通に歩くと4分の道のりを1時間半かけて歩き、ゆっくりと三原の街を楽しむことができました。それでは次のメンバーへやっさだるマンを託します♡

 

 

 

このサイトを広める