まち歩き日記ー本郷寺社編ー

2020827日(木) 天気:晴れ

参加者:まりもちゃん、まりもちゃん娘、みっちゃん、みっちゃん息子

 今回、私たちは本郷の寺社巡りコースへ行ってきました。

この日は、子どもたちは幼稚園の夏休み最後の日。今年の夏は、地域の夏祭りも花火も無く、いつもと違う夏休みでした。今日は寺社巡りで茅の輪(ちのわ)もくぐる予定。まりもちゃんが、娘に浴衣を着せるから一緒にどう?と誘ってくれて、いいね!と盛り上がり、せっかくだから親の私たちも!となって、みんなで浴衣を着てお出かけしました。

まりもちゃんは、今回のハートの茅の輪にちなんで、帯締めをハートの形に結わえてきました!みっちゃんは、前日から浴衣の着付けをYouTubeを見て練習。40代からの着こなしというキーワードもチェックし、準備万端!

本日1カ所目の集合場所はここ『東禅寺』。お互いの浴衣を披露して、暑いので子どもの機嫌も伺いながらスタートです。

東禅寺の境内に入ると、すぐ目の前に東禅寺本堂が建っています。まずは本堂をゆっくり眺めて、周りを見渡す。庫裏(くり)の方はひっそりとしていて、普段はご住職不在のお寺のようです。御朱印も電話で要予約だったので、今回はあきらめました。

本堂には、市指定重要文化財の十一面観音像が祀られており、33年に一度の御開帳と17年に一度の半開帳の時に公開される秘仏だそうです。機会があれば、是非拝観したいです。広島県重要文化財の木造四天王立像も祀られており、ますます拝観してみたいと思いました。

暑い日でしたので、眺めて写真を撮って、帰ってから調べたところ、庫裏の建物は居蔵(いぐら)造りと言われ、広島県のほぼ真ん中の加茂地方の農村を中心に多くあるそうです。建物の特徴やなぜその造りが根付いたのかたどってみると、とても興味深いです。これを知ってから実物を見ればよかったなぁと思いました。

そしてお寺周辺を子どもたちが走る姿の向こうに田園風景。まるで昔話のようなのどかな景色が広がっていました。

 境内の西側に神社がありました。参拝に行こうかな、と思いましたが、鳥居の中心に大きくて立派なクモの巣が!あそこを通ったら、全身クモの巣になれるよ、と息子に言ってみたら、苦笑いされました。お堀のような池には、ガマの穂がたくさん!子どもの頃、これを見つけたらとても嬉しかったのを思い出しました。シオカラトンボも飛んでいましたよ。子どもたちは虫や植物に興味深々。大きな柳の木も風情があります。

 

汗がたくさん噴き出した日でしたが、天気も良く写真もばっちり。子どもカメラマンが大活躍でした。

 

★東禅寺(真言宗)

場所:三原市本郷町南方89

駐車場有:マイクロバス2台、自家用車6

※トイレ有、本堂の前に音声説明機設置

問い合わせ先:本郷町観光協会 平日9時~12時(土・日・祝祭日は休み)0848-86-5717

 

東禅寺を後にし、まりもちゃん、みっちゃんどちらも県外出身の二人は、神社の位置関係がいまいち分からず、ガソリンが少ないことと道が分からないことにハラハラドキドキしながら、途中曲がり損ねたり、違う道に入ってバックしたり……。勘で進み続け、神社らしき茂みが見えてさらに進むと、鳥居とハートの茅の輪が見えて無事到着できて安心しました。

縦横1.8mの茅の輪は竹の骨組みに、三原市沼田西町の休耕田に自生するカヤをより上げて作られたそうです。茅の輪は疫病退散の由来があり、新型コロナウイルスで沈みがちな地域の雰囲気を盛り上げようと、地元の有志が手作りされたそうです。 

早速、撮影開始。やっさだるマンのうちわと共に、子どもたち→みっちゃん親子→まりもちゃん親子→親同士の順で撮り終えると汗だく。

さぁ拝殿めざして階段を登ろう!!上の鳥居へと続く階段は急で、みっちゃんは、「これ結構怖いよ!」と浴衣の裾を上げながら登りました。途中、狛犬がお出迎えしてくれましたが、急な階段と暑さで撮影スルー(笑)。足元に注意しながら、ひたすら上をめざして登りました。

 境内に着くと、風鈴が心地よく鳴り響いていました。神社全体を見渡すと、いろいろな形の風鈴があり、缶や瓶を切って作られた物もあって面白かったです。とにかく暑い日でしたが、木陰に入ると涼しくて、そよ風が気持ちよかったです。

「コロナが早く終息しますように」と手を合わせ、拝殿の天井を見上げるとたくさんの絵が飾られていました。賽銭箱の隣にはおみくじがあり、その横にクリアケースが並んでいて、『セルフでどうぞ』的な、御朱印やお守りを見つけました。4種類の御朱印からそれぞれ選び、みっちゃんはミニ茅の輪も買おうか悩んでいました。

お参りも無事にすませ階段を下りた所で、地域の方が風鈴の飾りつけ作業をされていたので、ハートの茅の輪と風鈴まつりの期間などを伺いました。次の行事の準備があるから、今月中か、9月始めくらいかな……とのことでした。

10月は全国の神様が出雲大社に集まるため、神社の神様が留守になる月(神無月)。神様のいなくなった神社や地域を、留守神のえびす様が守ってくださるらしいので、10月にお願いしたいことがあれば、えびす様が祀られている神社を参拝するとよいそうです。

そういえば……!写真を見返すと、拝殿の天井にえびす様のお面がいくつか飾られてる!また涼しい時に来たいねと話していたので、10月に参拝できたらいいなと思いました。

今回、本郷の寺社巡りグループは、初めて行く場所で緊張しましたが、親子で浴衣でまちあるきすることができ、夏の楽しい思い出になりました。

 ★弁海神社(辨海神社)

場所:三原市本郷町南方4158

駐車場:鳥居横スペースに数台

問い合わせ先:本郷町観光協会 平日9時~12時(土・日・祝祭日は休み)0848-86-5717

 

 

このサイトを広める